スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ヤバいよヤバいよ(;一_一)

2011/09/07 23:34

今月の扇三郎おしょさん、豊菊おしょさんの両お稽古で長唄・連獅子(お座敷用に省略)をお勉強させて頂きます
まだ、お座敷自体は本決まりではないそうなのですが来月の頭までに、上げなくてはいけないのですが…

先月にお話を頂き、先日の冶葉会の松竹梅のお稽古を優先しながら二度ほどお稽古させて頂いたのですが、ダメですね!気が松竹梅に行っていて集中できません=覚えられません

『何でもそつなくこなしそう』『器用そう』と言って頂ける事がありますが、そんな事全くなくて、物凄い不器用で、結構時間をかけて仕上げて行く方なんですね
天才的な才能はもちろんないので、努力の天才を目指してます

私がこんな事を書くのは失礼過ぎるけれど…改めて、努力ってカッコイイと感じた事について
今はもう廃刊になってしまった【邦楽と舞踊】という雑誌がありました。昨年の1月号は堅田喜三久先生の特集でした
CABXJPT2.jpg
喜三久先生は喜三郎おしょさんの先生・堅田新十郎先生のお父様で人間国宝でいらっしゃいます
表紙にも書かれています、「太鼓の天才という名の稀代の努力家」!!!
すごい先生方がすごく努力されているなら、もっともっと努力しないといけないと、やる気を頂きました私がこんな風に書くことは本当におこがましい事なのですが、お許しください。

と、言う事で私は努力あるのみ

やはり、獅子を持ったり、男踊りで、動きも今までにないような事もあり、大苦戦中以前、浴衣会で踊られた方のDVDを見たりして、少しでも早く流れだけでも入れようと思うのですが、曲もまだ入ってないし、全く理解出来てないし、NG
この状況、数年前に浴衣会の時の舌出し三番叟の時のよう…途中、諦めかけたんですよね

今月二回のお稽古でやっと、前半部分の流れだけ入った感じ…あと、四回で上がるのか…水曜の豊菊先生のお稽古で覚えたところまで親獅子と絡みながら流れをつかんで…

私できるのかしら

でも、やれるだけやります
来月のお稽古でも、数日は出来そうなので、限られた時間で何とかしなきゃ
芸妓なんだから、こんな事言ってられないのですがね
サラッと、何でもこなせる人になりたいと思う今日この頃…


そう!!9月に入り、着物も単に櫛も変わります
7・8月はこれでしたお着物、気分で使い分けていました
CAZNQFTR.jpg
単の時期はこれ
CA7MSU54.jpg
6月は上の竹を9月は下の菊を

竹の櫛は無地の櫛に会津の蒔絵職人・ウサイさんが書いて下さったそうです

スポンサーサイト

お稽古  | コメント : 8  | トラックバック : 0 |

コメント

初秋の季節です!

 「紀伊の国は 音無川の水上に 立たせ給うは 船玉山」(紀伊の国)
歌舞伎の「芦屋道満大内鑑」の四段目「葛の葉」より、白狐の化身・葛の葉は夫・安部安名ともうけた子供(後の安部晴明)に、別れを告げ障子に一首を書き残し、姿を消すというお話です。
 朝晩は涼しくなりましたが、先月からゲリラ豪雨や台風で、お祭りや納涼会が中止ばかりでがっかりでした。
今近畿地方は台風被害で、昨年8月和歌山・熊野本宮大社へかっぽれ奉納に行ったので、心配です。
世界文化遺産になり音無川もあり、まさに紀伊の国です、ぴん助家元継承20周年記念の絵馬も飾ってあり、毎年8月1日(今年は11日)にかっぽれ奉納します。
紀州和歌山から紀伊国屋文左衛門が、みかんを積んだ船(みかん舟)を出した時の祝い唄とも言われる、かっぽれの歌詞にも出てきます。 
長唄三味線は新曲浦島を習ってますが、端唄・俗曲のかっぽれとはジャンルが違うので、難しいです。
さらに今伊勢音頭・深川・奴さん・かっぽれの三味線の譜面(三線譜)を作ってますが、櫻川ぴん助社中の曲は踊りが付くので、他の端唄と違い速さや手が若干変わるので、すぐには出来ません。
普段は踊り手なので、かっぽれの笛や太鼓、三味線もかじっても東京迄毎月お稽古に通えないので、譜面やCD、映像を頼りに何となくですが、それでも毎年ピンチヒッターに呼んで頂くので、有難いです。
今月大阪・お稽古前日、17日(土)京都・司太夫さんのお店に行くつもりです、これから食欲・芸術・かっぽれの秋です!

| 2011/09/08 |  22:06 | 梅清士 #- |  URL | 編集 |

櫛のしゃしんが 出ていましたが、簪はどのような者を使って居ますか。
差し上げても良いのですが、どんなものを使って居るか分かりません。

| 2011/09/13 |  20:33 | 上村です #- |  URL | 編集 |

No title

また、しばらく更新ないようだね。

| 2011/09/17 |  10:18 | いちろう #- |  URL | 編集 |

Re: 初秋の季節です!

梅清士さん
お返事おそくなりまして、申し訳ありません。
いつも、梅清士さんのコメントでお勉強させていただいてますm(__)mありがとうございます!

残暑厳しい今年の秋ですが、いかがお過ごしですか!?ぴん助師匠はお元気ですか?
今年はこちらの地のきのこが食べれなかったり、秋の味覚を思う存分楽しむ事ができなそうです(涙)お座敷も秋は例年のお座敷のかかりがあり、元に戻りつつあるなと、ひしひしと感じます(^^♪

紀伊国屋文左衛門の曲って結構ありますよね!
かっぽれ、私も踊らせて頂きますが…お三味線はまた踊り以上に難しそう。。。3月に長唄の会で「紀文大尽」を拝見しましたが、こちらも紀伊国屋文左衛門の唄何ですってね!!
私も、お稽古頑張ります♪

23日は私も司大夫さんにお会いできる(●^o^●)

| 2011/09/19 |  16:41 | 真衣 #- |  URL | 編集 |

Re: 簪

上村さま

コメント頂きまして、ありがとうございます!!

簪は芸妓衆それぞれの好みですが、私は根どめのような感じの足の短い物を好んでよく使っています。今度、ご紹介させて頂きます!!
桃割れの頃はその月の花かんざしでした★

| 2011/09/19 |  16:44 | 真衣 #- |  URL | 編集 |

Re: No title

いちろうさま

申し訳ありません。

| 2011/09/19 |  16:44 | 真衣 #- |  URL | 編集 |

No title

芸妓さんの簪の足の長さは14㎝ですがもっと短いものですか。ビラは付いていますか。nigatu18@agate.plala.or.jpまで教えてください

| 2011/09/20 |  19:26 | 上村です #- |  URL | 編集 |

Re: No title

上村さん

この度はありがとうございました(^^♪
とっても、きれいでいて、可愛い簪の数々!!!

見てるだけでも、幸せになりますm(__)m

| 2011/09/28 |  23:31 | 真衣 #- |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。