スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

カッコいい大人

2011/07/08 23:33

何度か私のブログでお名前を出させて頂いている原伸介さん。
原さんは、カッコいい大人の代表です
そして、気が強く、プライドが許さない事は絶対にしたくないと周りともめる、やさぐれ狸のよき理解者

その、原さんから先日メールが!カッコいい大人の大先輩のカッコいいお話を教えて下さる内容でした。

カッコいいお話でしたので私のブログでも、ご紹介させて頂いて構わないかとお尋ねしましたら『やさぐれ狸のブログで広めて下さい』と。

ではでは!福島のカッコいい大人のお話☆



福島の須賀川市の岩瀬というところに、原さんが「人生の師匠」と慕う、渡邊一夫さん(68歳)というすばらしい方がいらっしゃるそうです。

渡邊さんは県会議員や森林組合長を歴任されてきた方で、東京で開催された林業関係の全国フォーラムで、報告の内容・人物・オーラ全てがずば抜けていて、一目惚れされたそうです。

とにかく、今まで会ったことのない「とんでもない人」だったそう!

渡邊さんは、20年以上かけて一人で手入れしてきたご自分の持ち山25町歩を全て解放し、「響きの森」と名付けて、森の中に演劇や演奏のできる舞台を作ってバンドや劇団を呼んだり、世界初の「バリアフリーツリーハウス」(車いすで上れるツリーハウス)を作ったり、県を動かしてそこでイベントをされたりしているそうです。

「すばらしい」を超えて「とんでもない」人なんですって!!!

原さんのお言葉をお借りします。
【生意気な言い方ですが、初めてお話した瞬間、世代を越えてバッチリ馬が合い、瞬時に「理解されぬ者同士の深い理解」すなわち「意気投合」しました。以来、10年に亘ってずっとかわいがっていただいています。】

渡邊さんの「響きの森」で、今『福島原発暴発阻止行動プロジェクト』の決死隊を受け入れているそうなんです。

決死隊、ご存じの方もいらっしゃいますよね!

『福島原発暴発阻止行動プロジェクト』
「孫の代に負の遺産を残すわけにはいかない」と、原発の炉芯に入って収束を目指す!ご存じの通り、原発の炉芯付近では放射線量が極めて高く、「決死隊」はそれを承知で突入する、60歳以上の技術者有志を募っているそう。10分~15分が作業限界とされている場所で、3時間~4時間作業することを前提にしています。

その『決死隊』=『福島原発暴発阻止行動プロジェクト』の代表をされているのが、山田恭暉さん。住友金属で技術者をされていた方で、現在72歳。

渡邊さんがその活動を知って感動し、すぐに山田さんに連絡をして、「うちの森で『決死隊』を受け入れるから、是非来てほしい」と申し出たそうです。

決死隊は連日の作業ができないため、交代制での勤務になりますが、「次の交代までの時間を、森に来て少しでも心身を休めてほしい」という意図です。

山田さんは大変喜ばれ、「是非行きたい」とおっしゃったそう!!(現在、決死隊への申し出は400名を超えています)

この内容については、リンクに貼ってあります《奇跡コーチング・ワークス》の代表・阿部尚俊さんのブログでも書かれています。
http://pluck.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-bc6d.html

決死隊は独自にカンパを募っていますが、それはあくまで作業に携わるために必要な資金であり、渡邊さんは、森に来てくれたら食費滞在費一切、全部自腹で面倒を見ると言っており、その経済的負担はかなりの額になりますよね!
こちらで、カンパを募っています!ご協力下さい。
http://bouhatsusoshi.jp/campaign



原さんもおっしゃっていましたが、日本は気高く美しい国です!
カッコいい大人がいるんですね!

最後に!やさぐれ狸へのメッセージをご紹介!

「ゼニとプライド天秤にかけられると、必ずプライド取っちゃうんだよなぁ。痩せ我慢で。でも最高に幸せな人生ですよ。」

原さん、私もそう思います

こんなにも痩せ我慢してるんだけど、痩せないのは何故なのか

我慢が足りないって事ですね

スポンサーサイト

未分類  | コメント : 2  | トラックバック : 0 |

コメント

義を見てせざるは勇なきなり

タイトルに挙げた古めかしい言葉も、今は死語。
私もこの様な人たちがまだ日本にいらっしゃると誇らしく思います。
もう十分に働いて慰労されるべき人達なのに。
そして何も出来ない自分に苛立ちを覚えますf^_^;

しかし。
この未曾有の人災に身を以って責任を取らねばならない当事者たちがいる筈。
この話題の影で只保身ばかり汲々としている者たちがいます。
決死隊の人達は極めて賞賛に値します。
でもかつて無能な戦争指導によって人身御供にされた特攻隊と同じではないのか?
そんな憤りも感じるのです。

先ず職に有る前に人である事。
これは被災地で活動した自衛隊や警察、消防の名もなき人達のモチベーションだったと聞きます。
今回の決死隊やそれを援助する人々も。
先ず人であったのでしょう。
その志の前には、世俗な地位や名誉はどれ程のものでしょうか…。
以上駄長文、平にご容赦下さい。

| 2011/07/24 |  12:51 | ほたに #4gWKbEJ. |  URL | 編集 |

Re: 義を見てせざるは勇なきなり

ほたにさん

お返事遅くなり、大変申し訳ありません。そして、いつもコメント頂きありがとうございます(●^o^●)

そうですよね!!十分に働き、社会にも貢献した方々がまた…そして、それまで以上の内容の作業。
私たち若い世代にはない、志があるというか…自分さえよければいいと思う人が多い中、次世代の為にと体を張る覚悟はなかなか出来る物ではないですね。
何と言っていいか、わからなくなってきちゃいました(ーー;)

お写真使わせて頂きました(^^♪有難うございます!!

| 2011/07/29 |  15:59 | 真衣 #- |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。