そうだ京都に行こう!!その3♪

2012/06/01 22:54

もう6月ですねなんだかんだしてるうちに6月になり、9月の名披露目もすごく近づいた気がします恐ろしい

では、気を取り直して、楽しかった京都の思い出を0時過ぎからのお話です
楽しすぎて時間の感覚がないまま、お店を移動して、お酒をまた頂いていましたら、私に≪夢と希望を持って芸妓という仕事をしたい≫と思わせて下さった、憧れの市さよさん姐さん登場このブログにも、たびたびお名前が登場していますよね
姐さんと初めてお会いしたのは、高校3年の秋にひとみ姐さんに連れて行って頂いた京都でした。もうその時はお披露目も決まっていたのですが、明確な目標などもこれといって無く、前途をまったく想像できておりませんでした。そんな時、京都の宴席で姐さんにお会いして、こんな格好をしてみたい、簪もこういう感じ、お化粧も、着付けも、鬘もと、すべてにおいて目標を持つことができ、「こんな風になれるなら」と、やる気にもつながりました島田になってからは、江戸の鬘屋さんですので、結い方も違いますが、「こんな風にお願いします!」と、結って頂いています。夢と希望を頂いた時のお写真を少し
CALXORUK.jpgCA50DS7S.jpg
そして、その翌年には福島市の京都物産展に姐さんがお見えになり、お披露目間近だった私は、簪などを求めに行き、またお会いする事ができました東京の会で踊られると聞けば、拝見しに行ったり…。完全に姐さんのオッカケ
そして、今回は弥宏次先生ご夫妻のお計らいで、またお会いする事が出来ました
IMG_0840_SP0000.jpg
私の(まさに)太ももはお気になさらずに…立派でしょ!道成寺お稽古の賜物(笑)…てかてかてかこんなに近くで写真に写れるなんて市さよさん姐さん、お忙しい中ありがとうございました

何度か書いていますが、出た頃は舞妓さんの白塗りではないもののお化粧を真似したり、簪の付け方、襟白粉…何から何まで、お勉強させて頂き、お客さんに『あなただけ、背中がよく見える』とか『目じりと眉が赤い』とかいい意味ではなく指摘されていました。でも、いい時期に舞妓さんをモデルにしたドラマがあったりで、今度は『あなたはちゃんとお勉強してるのね』に変わりました。桃割れ・振り袖から、大人の島田髷の格好に変わっても京都のお姐さん方のお写真等を見せて頂き、真似させて頂きました。

東京での西川流の新年会に向かう新幹線の中で、ひとみ姐さんにこんな事を言われました。『こっち(会津)では、櫛と揃の平打(後ろざし)だったのが、あんたが「京都のお姐さん方みたいに」とやり始めてから、玉かんざしする人出てきたのよ』と…これはいい意味だったのかは、わかりません。私がいいと思った事を貫いてやってるだけで、いい意味で変わってきたとおっしゃって下さる方もたくさんいらっしゃいます。現役の今は書けませんが、鬘屋さんとの今のいいお付き合いをさせて頂くようになった経緯もいずれお耳に入れたいと思っております。本当に、こちらの思いを聞いてくださり、思った通りの格好に結い上げて下さいます
そんなわけで、この今の私の、スタイルを支えているのは市さよさん姐さんとの出逢いです

その後は、またまた移動して朋佳さん姐さんのお母様のやってらっしゃる素敵なお店で、〆シャン(シャンパンです)と〆ビール(これは会津でもよくやる)を頂き、何時にホテル???2時をまわっていたか…まだ、まわっていなかったか…わかりましぇん

あ~幸せすぎる

本当に、夢にまで見た「鴨川をどり」鑑賞から、お茶席にお皿に、素敵なお店に、素敵な芸妓さん、舞妓さん、ベテランのお姐さんの伝説的なお話を聞かせて頂いたり、美容の秘訣まで・・・もう夢のようです
色々とお心遣い頂いた、弥宏次先生ご夫妻さま、この度、ご縁を頂いた皆様、本当にありがとうございました

スポンサーサイト

プライベート  | コメント : 9  | トラックバック : 0 |

コメント

菖蒲の水無月!

「青簾 河風肌にしみじみと 汗に濡れたるはれ浴衣 鬢のほつれを簪の 届かぬ愚痴も好いた同士 命と腕に堀切の 水に色ある 花あやめ 弾く三味線の糸柳」(長唄・菖蒲浴衣)
三下がりの青簾の一節で、菖蒲柄の団扇を持って踊ります。
ぴん助家元も白塗り・カツラ・菖蒲柄の着物で踊ったことがあります。
 梅雨入りの季節となり、蒸し暑さも困りますが、湿気が多くなり楽器には天敵です。
今から夏祭りシーズンが楽しみですが、雨が心配です。
先月の京都は楽しそうで良かったですね、司太夫さんからも聞きました。
清水はこれから8月の「清水みなと祭り」に向けて、各地で練習会が行われます。
雨にも暑さにも負けずかっぽれで吹き飛ばしたいと思います!!

| 2012/06/02 |  22:32 | 梅清士 #- |  URL | 編集 |

京都

真衣ちゃん。お元気様です。ご無沙汰しております。
京都に行ったんですね良い事だと思います。
勉強の為に行かれたんですか?教えて下さい。
これからも頑張って下さいずっと応援しております。

| 2012/06/04 |  10:48 | 小宮勝己 #- |  URL | 編集 |

こころね

初めてコメントさせて頂きます。6月1日に東鳳でお世話になったエンピロです。

かなり若い時に、京都に行って、この道に入りたいという気持ちが沸いたのですね。市さよさん姐さんとの出逢いが、全てのような気がします。櫛を例にとっても、単に伝統に拘るのでなく、新しい道を切り拓くなど、ブログのタイトルにもなっている「こころね」というものが何となく伝わってきます。純粋でとてもいいです。

真衣ちゃんの逆立ち「鯱鉾芸」には参加者揃って感動していました。いつから始めたのですか?1月はお目に掛かっていなかったので、鶴ヶ城が赤瓦になったのを機に始めたのかな?

拙ブログにアップしましたので、時間があればご笑覧ください。なお、モザイクが掛かっていますのでご了承ください。PRのためにモザイク抜きでのアップを希望される時はその限りではありませんw

| 2012/06/04 |  22:20 | エンピロ #- |  URL | 編集 |

気力体力と度胸で!

稽古も佳境と思います。
今を苦しむ程に舞台は心置きなく楽しめるかと。
(さらに)スリムになった舞ちゃんが観られるでせうか?v-8
暑中の体調にはぐれぐれも御注意を!

京都は良いですねぇ。
私も無粋なやっとう稽古で最近行くようになりました(笑)

| 2012/07/08 |  12:01 | ほたに #3tTdn2Xg |  URL | 編集 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2012/07/08 |  12:07 |  # |   | 編集 |

Re: 菖蒲の水無月!

梅清士さん

お返事が遅くなってしまい、すいません!

こちらも、七月にはいり≪青すだれ≫踊らせて頂いてます!
いいですよね~♪
「青簾 河風肌にしみじみと 汗に濡れたるはれ浴衣 鬢のほつれを簪の 届かぬ愚痴も好いた同士 命と腕に堀切の 水に色ある 花あやめ 弾く三味線の糸柳」
岸の柳の≪つくばねの~≫も、季節の踊りで遣わせてもらってます。

みなさん、お変わりないですか??
毎日、じめじめ暑く嫌ですね…体調お崩しになりませんよう、お気をつけ下さい。

| 2012/07/09 |  19:30 | 真衣 #- |  URL | 編集 |

Re: 京都

小宮さん

お返事遅くなり、申しわけありません。
京都には、プライベートで楽しんできましたが、やはり…
お化粧の仕方や、着物の着付け、お話の様子などお勉強させて頂きました(*^_^*)

| 2012/07/09 |  19:32 | 真衣 #- |  URL | 編集 |

Re: こころね

エンピロさん

お返事が遅くなり申し訳ありません。
その節は楽しいお時間に混ぜて頂き、ありがとうございました(*^_^*)また、ブログでもご紹介頂きありがとうございました!!

市さよさん姐さんにお会いした時には、もう出る事は決まっていたのですが、もうひとつ心の中で足り物があったと今思います。それを姐さんにお会いしたことで、欠けていたものを頂いた様に思います。

シャチホコは振り袖時代から、やらせて頂いております!これも、ネットで市さよさん姐さん初め、志奈英さん、先斗町のお姐さんがやられてるお写真を見て、私も出来なきゃ!!と練習しました(*^_^*)

エンピロさんの、ブログも拝見させていただきます。

| 2012/07/09 |  19:40 | 真衣 #- |  URL | 編集 |

Re: 気力体力と度胸で!

ほたにさん
お返事遅くなりました。すいませんm(__)m

もうそず会なんだと、感じる様な広い場所で小道具を使った本格的なお稽古。バテバテですが、楽しいです♪
引っ込んだ時など、水分補給が許されているので、そのつど飲ませてもらってます!
体調面、精神面に気をつけて、本番まで過ごします!

自然にダイエット(笑)も狙って、ヘルシアウォーター!

お稽古で京都、素敵★

| 2012/07/15 |  18:15 | 真衣 #- |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する