スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

さて婚礼の吉日は~♪

2015/05/31 22:28

昨日はお友達の結婚式でお江戸でした!明治記念館!!ステキですね(*⌒▽⌒*)

そして、余興を仰せつかり、お祝いものを踊らせてもらいました。
長唄『舌出三番叟』(本名題・再春菘種蒔)より、婚礼の風俗を唄った「さて婚礼の」踊り地の「花が咲き候」、五穀豊穣・福寿円満を祈る「鈴の段」を!
唄を芳村辰三郎先生、三味線を芳村伊十冶郎先生にお願いいたしました♪

11225257_603332866476170_1861885733588943876_n.jpg11247498_603332903142833_9124509077374673536_n.jpg11377383_603332883142835_7087952704923438251_n.jpg1433118248812.jpg
歌詞
~さて婚礼の吉日は、縁をさだんの日を選み 送る荷物は 何々やろな、瑠璃の手箱に珊瑚の櫛笥 玉を展べたる長持に、数も丁度のいさぎよや
~花が咲き候黄金の花が、てんこちない、今を盛りと咲き匂ふ、てもさても見事な黄金花~欲しいかおましょぞ一枝折りて、そりゃ誰に、いとしい女郎衆のかざしみ花に、ホオヤレ、恋の世の中~實恋の世の中~おもしろや~直ぐにもあがり御目見得を~又こそ願う種蒔や 千秋万歳~萬々歳の末までも、賑はふ御代とぞ舞ひ納む

お着物は、総刺繍の色紋付に四季花の袋帯を

とっても素敵な披露宴で、素晴らしい演奏で踊らせてもらいました。
『会津で一緒にがんばろう!』同志でもあり友達でもあり。
『お目出度う』この気持ち伝われ~!と気合いが入り過ぎて、緊張し過ぎて、震えが止まりませんでした(・・;)
踊り終え、お辞儀をしたら、感極まって涙が出てしまいました(>_<)

素敵なお二人の、ご家族のこれからが益々幸せでありますように★☆(*´з`*)☆★

撮影は花嫁の次に可愛かった妹さんが撮ってくれたものです!見て下さい、この緊張した顔!なかなか、ないです(笑)


幸せ分けてくれて、ありがとう

スポンサーサイト

プライベート  | コメント : 4  | トラックバック : 0 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。